リハビリテーション部門紹介

当院のリハビリテーション部門では、急性期の疾患治療に同期しながら、安全に配慮しつつ、積極的なリハビリテーションを提供し、可能な限り直接の在宅復帰を目指し、また退院と同時に在宅生活、社会復帰ができる状態を目標としております。  

急性期脳神経外科病院における脳卒中リハビリテーションは、「Critical time window」と呼ばれる発症後2〜3週以内に効果的なリハビリテーション介入をすることが可塑性を最大限に引き出すことになります。そこで当院では、急性期から治療的電気刺激を利用して、上肢筋・下肢筋・顔面筋・嚥下筋の麻痺改善へアプローチしております。

IVES

上肢筋

NM-F1

下肢筋

POSTIM

嚥下筋

 また、脳卒中ガイドラインではESD(Early Supported Discharge;早期退院支援)が推奨され、在宅復帰後の通院リハビリテーションがADL(日常生活活動)向上に有意に役立つとも報告されています。当院はリハビリテーション専門医による「リハビリテーション科外来」を常設してESDを実践することにより、退院後もリハビリテーションの継続を可能とし、さらなる機能・能力向上への取り組みや復職・家庭内役割再開への「ソフトランディング」を支援します。これは当院から回復期リハビリテーション病院へ転院して在宅復帰された方々に対しても同様に支援致します。加えて、リハビリテーション科外来では痙縮治療や嚥下機能評価、運転の各種評価等の方々にも対応します。

当院では今後介護保険でのリハビリテーションを提供する方針です。退院もしくは外来リハビリテーション終了後に、介護保険での通所リハビリテーション(デイケア)に移行する、また通院が難しい方の在宅復帰後には訪問リハビリテーションを提供するなどの医療介護制度を最大限に活用してリハビリテーションを提供する体制を構築する方針です。

急性期と生活期を双方向に直接つなぐ急性期医療機関はまだ少ない現状ですが、私達は将来、医療を核として脳卒中患者あるいは虚弱高齢者のコミュニティー(Community Based Medicine)を形成することを理想と考えております。

 

リハビリテーション(以下リハビリ)部門の理念

• 急性期脳神経外科病院らしい入院リハビリと外来リハビリを提供します。

安全に早く良くする急性期入院リハビリを集中的に行うとともに、 外来リハビリを提供することにより、退院後も継続して支援します。

• 地域生活に密着したリハビリマネージャーとなります。

医療保険と介護保険の各種リハビリ制度(通所系/訪問系)を活用し、 個別性の高いリハビリを提供・提案します。

• 包括的リハビリチームとして地域に寄与します。

リハビリ専門医と療法士・看護師・心理士・栄養士・社会福祉士らの協業により、 単なる訓練の提供でなく、診療情報を把握し予防や健康増進に向けて活動します。

• リハビリ情報の記録に積極的にITを利用し、地域の医療介護連携に貢献します。

個々の「今」を記録して積み重ね、「将来」のために備えると共に、 地域の医療と介護の円滑な情報共有に役立てます。