検査技術部紹介

 

当院検査技術部は医師の診断に必要な画像,波形,データの提供を行っています。正確な検査結果を臨床に届けることはもちろん,患者様をお待たせすることなく安心して検査を受けて頂くよう努めています。

検査に関しての不安なこと,わからないことがあればお気軽に声をかけて下さい。

 

MRI検査

キヤノン製の最新型の3.0TのMRI装置(Vantage Galan /Focus edition)を導入しています。 最新の技術で、騒音の低減、検査時間の大幅短縮が得られます。またAIを用いた技術により、検査時間の延長なしに従来よりも高画質な画像を提供いたします。 放射線被曝がないことが特徴で、頭部及び全身領域の検査を安心して受けていただけます。

CT検査

キヤノン製のマルチスライスCT装置(Aquilion Prime SP)を導入しています。 AIを用いた最新の被曝低減技術を採用し、高画質でありながら被曝を 低減することで確実な診断をサポートいたします。 頭部疾患の迅速な検査や広範囲の領域を短時間で検査することが可能ですので、全身の血管評価に威力を発揮します。

血管造影検査

キヤノン製の最新型のバイプレーン脳血管撮影装置(Alphenix INFX-8000)を導入しています。 最新の2種類の検出器を同時に使用することで造影剤の量、 被曝を低減しつつ、高精細な画像を提供いたします。 血管診断及び血管内治療を高い精度で行うことができます。

X線検査

キヤノン製の最新のX線検出器(FPD)を導入しています。 従来の一般的なシステム(CR)よりも被ばく線量を30-40%低減することができ、さらに撮影後に瞬時に画像を確認することができることが特徴です。 全身の骨や体内の臓器の状態の把握のために撮影されます。

脳波検査

脳が生じる小さな電位を頭皮上につけた電極から検出し,波形として記録します。てんかん(意識を失うなどの発作を伴う疾患)などを見つけることができます。

超音波検査

首の動脈が細くなっていないか,動脈硬化が起きていないかを調べる頸動脈超音波検査,心臓の動きに異常はないかを調べる心臓超音波検査などです。超音波は人体には害はなく,安心して受けることができます。

心電図検査

心電図で起こる電気的な活動の様子を波形として記録します。当院では胸と手足に電極をつけ記録する12誘導心電図,24時間胸電極をつけて不整脈の有無を調べるホルター心電図の検査を行っております。